検索
  • KITASAKO HIDEAKI

a new story


早いもので、歳末の御挨拶をする時期になりました。

今年はそごう大宮店と、ひと月に及ぶそごう広島店新館でのポップアップショップから始まり、恵比寿303での展示会など、2018年の前半は通常のブランドのたどる過程を経験させて頂きました。

大きな展示会へ出展をし、百貨店の店頭に立たせて頂いてお客様と直にコミュニケーションをとらせて頂いたことは、大変貴重な経験となりました。お越しいただいた皆様、気に掛けて下さった皆様ありがとうございました。

そして、梅雨の季節の頃から、今後の展開について外部の方とお話をさせて頂く機会を多く頂くようになり、公には出来ませんでしたが、水面下での動きは今までにない程にありました。

春から進めていた国内有力ECモールへの出店が秋になって実り、

また、初めて経済産業省にてプレゼンテーションもさせて頂きました。

これを機に新たなプロジェクトが立ち上がろうとしています。

これはツイッターなどで頂いた皆様からの言葉や、イベント時にお声掛け頂いた事がヒントになって、私自身が発起人となるプロジェクトです。

自分の人生でも一番大きなプロジェクトになりますが、より多くの方のお役に立てる意義のあるプロジェクトにしたいと思っています。

また、それとは別の案件で、来春からテレビドラマなどのメディアを中心とした展開が決定しております。

どのような形でお披露目できるかは随時ご案内をさせて頂きます。

「モノ」と「コト」を繋げるデザイナーとして、

「ストーリー」への関わり方、「物」への関わり方、

唯一無二の展開が出来るように、来年は、より一層進んで参ります。

北迫秀明